読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せを引き寄せるアラサー婚活ブログ

アラサー女性の婚活日記、引き寄せの法則や自己啓発系記事、恋愛心理学も好きでユキコ道、ぐっとうぃる博士のことなどアラサー世代の婚活・生き方に悩める女性を応援するブログです。

婚活日記☆劣等感の彼と会って来ました。

f:id:taemiku618:20160702193040p:plain


こんばんは。mireです。

 

最近、ぐっとうぃる博士のこと

書いてましたが…

どうでした?

恋愛心理学は私自身が

とても好きで

勉強してきたわけですが…

私の恋愛している時の

心のあり方や彼への対応は

ぐっとうぃる博士から

全て学びました。

男女の関係性って

例え付き合っていたとしても

ずーっとラブラブの時が

続くわけではないですよね。

彼のテンションが徐々に低くくなってきて

メールの返事が遅くなってきたり

今まで毎日同じ時間に来ていた

電話が来なくなったり…

そうなった時

ぐっとうぃる流でいうと

彼の手に入っていない行動をとる

ということをすすめています。

要は、押しと引きのタイミングが大事って

ことなのかなって。

彼が引いているときは自分も引く。

彼が押しモードに変わったら

自分は引き気味だけど押しモードに変わる。

引き気味っていうのは

自分も彼と同じガンガン押しモードになったら

手に入った距離になり過ぎてしまい

彼の気持ちが萎えてしまうからです。

でも

本当に好きじゃなかったら

自分の気持ちに蓋をしてまで

彼に合わせるってできないなぁって

最近は、思います(笑)

 

 

話変わって

先日以前話していた

パソコン関係の彼と会って来ました。

最初は、とても印象が良かったのですが

会話の中で

彼が動物が好きという話になった時

私は飼ったことないけど

飼ってみたいと思ってたとか

私が彼に合わせるような

発言をしたら

そんな無理に合わせなくてもいいですよ~

って言われて(笑)

最初は、そんなに気にもとめてなかったけど

そんなやりとりが3回ぐらいあったんです(笑)

そして

一番最後に彼の最大の劣等感を

打ち明けられたとき

ただ聞いているだけになってしまいました。

本当は

彼の劣等感をまるごと受け入れて

そんなの気にしないって

言わなければいけなかったんだけど

なぜかそうゆうふうに

言えない自分がいました。

彼のことそんなにフォローするほど

好きかなって思ったんです。

 結局

その方は1回でお断りしました。

決断が早すぎかなって

思ったけど

もう違うなって思ったら

2回も会う時間がもったいないって

最近はそう思うんです。

 

読んでいただいて

ありがとうございました。